呼吸リハビリテーション(患者の選択方法)

目次(クリックすると移動します)

患者の選択基準について

呼吸リハの適応範囲

軽傷~重症まで全ての重症度において呼吸リハビリテーションは有効とされています。重症度に合わせて個別の処方を行うのが原則です。
(2009年改訂COPDガイドラインより)

保健治療の適応範囲

あえて、健康増進と医療の境界で分類するならば、COPDガイドラインⅡ期相当(FEV1/FVC<70%、かつ50%≦FEV%<80%)以上の重症度が目安です。

また、保健治療の適応もその範囲が目安となります。

略語の解説
FEV1:1秒量(詳細
FVC:努力性肺活量(詳細
FEV1/FVC:1秒率(詳細
FEV%:1秒率(詳細

呼吸療法の学習では、略語がたくさん出てきます。1つづつでいいのでゆっくり覚えていきましょう。

具体的な患者選択基準

☆重要☆〔患者選択の基準〕

  1. 症状のある慢性呼吸器疾患
  2. 標準的治療により病態が安定している。
  3. 呼吸器疾患による機能的制限がある。
  4. 呼吸リハビリテーションの施行を妨げる因子や不安定な合併症がない。
  5. 患者自身に積極的な意思があること(インフォームドコンセントによる)
  6. 高齢であるという年齢制限や、肺機能、動脈血ガス分析による基準は定めない。

Aerosol Consensus Statement.Chest 1991;100:1106-09より引用

まとめ

呼吸リハビリテーションは、全ての慢性呼吸疾患の患者に有効です。病態が安定して本人に意欲があれば実施することができます。


コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!