PEEP(呼気終末陽圧)の効果と副作用について

peep1

PEEPとは

PEEPとは、positive end expiratory pressure の略称で、日本語訳で『呼気終末陽圧』といいます。名前のとおりに、人工呼吸器の呼気の終了時に回路内の圧力を0mmHgにせずに、呼気の終わりにも一定の陽圧をかけたままにします。

peep

PEEPは、単独で使用される換気モードではなく、他の換気モードに付属して設定する項目です。調節換気のVCV,PCVや、補助換気のVSV,PSV,CPAPなどの換気モードの設定項目の一つになっています。

以下の画像は、サーボiのVCVモードでの、設定項目の一覧です。このように、PEEPは、換気モードと併用して用いられます。ちなみにPEEPだけをかけ続けるという換気モードは、CPAPという換気モードがあります。

PEEP

PEEPの効果

呼吸仕事量の軽減

PEEPを設定すると、気道内圧が一番低下する呼気終末においても陽圧をかけます。それにより、呼気終末時においても肺胞が完全につぶれません。

完全につぶれた、肺を膨らますのは大きな力が要りますが、PEEPにより、ある程度膨らましていると、簡単にふくらますことができて呼吸仕事量が軽減します。

肺保護

適切なPEEP圧をかけることに、ズリ応力による肺障害から肺を保護することができます。

機能的残気量の上昇

PEEPをかけると、肺内の平均ボリュームが上昇することにより、FCR(機能的残気量が上昇します。)FCRは、予備呼気量と残気量の総和です。

予備呼気量とは、努力して吐き出せる空気の量です。PEEPにより、肺内の平均ボリュームが上がるので、吐き出せる空気の量すなわち予備呼気量が上昇します。FCR=予備呼気量+残気量 ですので、FCRも上昇するのが分かります。

 

PEEPの副作用

PEEPは、いい点だけではありません。気管内の平均気道内圧が上昇することにより、下記の臓器に障害が起こる可能性があります。

循環器

循環器に対する副作用としては、心拍出量の減少が起こります。

原因としては、PEEPによる、気道内圧の上昇により、胸腔内圧が上昇します。胸腔内圧が上昇すると、心臓が圧迫されます。

特に心臓内で圧力が低い右心房が圧迫されて右房圧が上昇します。右心房は、心臓から全身に拍出された血液が、最終的に帰ってくる部屋です。ここの圧力が上昇すると、全身からの静脈圧が戻ってきにくくなり、血液うっ血が起こり、心拍出量が低下します。

心臓

腎臓

腎臓に対する副作用としては、尿量の減少があります。
腎臓での尿の生成は、腎臓の糸球体により、血液の圧力を駆動原としてろ過して生成しています。すなわち、心拍出量が低下して、血圧が低下すると、尿の生成が低下します。

胸腔内圧の上昇は、直接的に脳圧を上昇させます。脳圧の上昇は、頭痛や嘔吐の症状を引き起こしたり、脳ヘルニアを起こす恐れもあります。

肺に対して過度な圧力がかかると、肺胞破裂、気胸、気腫などの肺損傷を引き起こします。

コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!