医療ガスの特徴について

医療ガス

医療ガスの特徴ついて

病院内の配管設備や、医療ガスボンベには、酸素、窒素、二酸化炭素、亜酸化窒素など様々のガスが使用されています。それぞれの特徴について紹介します。

1.窒素

窒素は、大気中に一番多く含まれる原子で、空気の約79%を占め、大気中で最も多い原子です。

病院内では、手術器具の原動力として使用されます。無色、不燃性というガスの特徴があります。

2.二酸化炭素

二酸化炭素は、大気中に放出されると断熱膨張と気化熱により冷却される。それを利用して、冷凍手術処置や内視鏡手術での気腹などで用いられます
また、二酸化炭素ボンベでは、液体の状態で充填されるため、圧力から残量を測定することができません。残量は、重量を測定することにより判別します。

液化二酸化炭素1kg は、大気圧下20℃で502Lとされるので、求め方は次の通り。

二酸化炭素ガス量(L)=液化二酸化炭素重量(kg)×502

3.酸素

酸素は、大気中に約20%含まれます。気体は無色で、支燃性(燃えるのを助ける)があります。
酸素ガスは、ボンベに気体の状態で含まれるので、ボンベの圧力により残量を求めることができます。酸素ガスボンベの残量の求め方は、次の通り。

酸素ボンベ残量の求め方

・ボンベの単位がkgf/cm2の場合
残容量(L)=ボンベ容量×圧力表示値

・ボンベの単位がMPaの場合
残容量(L)=ボンベ容量×圧力表示値×10.2

詳細は『酸素ボンベの残量の求め方』参照

 

4.亜酸化窒素

亜酸化窒素は、麻酔などに用いられます。一般的に液体の状態でボンベ内に充填され、無色で支燃性があります。亜酸化窒素1kgは、大気圧下20℃で540Lの容量となる。したがって、亜酸化窒素の残量は

亜酸化窒素ガス残量の求め方

亜酸化窒素ガス残量(L)=液化亜酸化窒素重量(kg)×540

で求めることができます。

コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!