呼吸療法認定士試験の効率的な勉強方法を紹介します。

試験には、受験料や交通費など、多くのお金が必要です。職場での評価にも影響するので、できれば一発で合格したいと考えている人が大半だと思います。 ここでは、どのように学習すれば合格できるのかについて紹介します。 目次(クリッ…

乳幼児・小児のウイニングと抜管

乳幼児・小児のウイニングと抜管 観察しておく項目 呼吸不全が改善しているか 中枢機能が改善しているか 循環動態が安定しているか 感染が抑えられているか 鎮静薬や鎮痛薬の影響が許容範囲内であるか 新生児・小児の抜管基準 呼…

新生児・乳幼児の呼吸管理方法

新生児・乳幼児の呼吸管理方法の実際 酸素療法 高二酸化炭素血症を伴わない軽度の低酸素血症の場合、ベッドボックスや保育器内に酸素を投与します。 新生児では、未熟児網膜症や慢性肺障害の危険を予防するためPaO250~80㎜H…

出生仮死児の蘇生法(解説)

出生時に、呼吸循環動態の移行がスムーズに行われない事例は、全出産の10%に見られます。 さらに1%は救命の為の蘇生手段が必要とされています。今回は、蘇生の手順を詳しく見ていきましょう。まずは、図の流れに目を通してください…

「胎児循環の特徴」と「出生後の変化」

出生後は、胎児循環から私たちと同じような循環に移行します。 ここでは、胎児循環の特徴と、出生後の循環の変化について学びます。 目次(クリックすると移動します)1 胎児循環の特徴2 出生前後の循環動態の変化 胎児循環の特徴…

循環動態のモニタリング

呼吸器と循環器は、お互いに影響を与え合っています。したがって、呼吸器を実施しながら循環器系の監視が必要になります。 循環器系のモニタリングには、「心電図、中心静脈圧、心拍出量」などが使われます。 目次(クリックすると移動…