JCSとGCSによる意識レベルの表記方法

医師
医師

意識レベルを簡潔に伝える方法として、JCS(ジャパン・コーマ・スケール)とGCS(グラスゴー・コーマ・スケール)があります。JCSは、日本独自の意識レベルの表記方法で、GCSは世界共通の意識レベルの表記方法です。

日本国内では、主にJCSが使用されているように感じます。それぞれの、意識レベルの表記方法について紹介します。

ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)

Ⅰ.覚醒している
0 意識鮮明
1 見当識は保たれているが意識鮮明ではない
2 見当識障害がある
3 自分の名前・生年月日がいえない
Ⅱ.刺激に応じて一時的に覚醒する
10 普通の呼びかけで開眼する
20 大声で呼びかけたり、強く揺するなどで開眼する
30 痛み刺激を加えつつ、呼びかけを続けるとかろうじて開眼する
Ⅲ.刺激しても覚醒しない
100 痛みに対して払いのけるなどの動作をする
200 痛み刺激で手足を動かしたり、顔をしかめたりする
300 痛み刺激に対して全く反応しない

JCSでは、意識レベルについて『1,2,3,10.20,30,100,200,300』の9段階で、表します。意識レベルが、『10』や『200』と、上記の表に当てはめて判断します。

大まかに、意識レベルが『2桁』『3桁』のように表されることもあります。
救急車から病院の受け入れ時など、意識レベルを簡潔に伝えたりするのに役立ちます。

 

グラスゴー・コーマ・スケール(Glasgow Coma Scale:GCS)

開眼機能(Eye opening)
4点 自発的に、または普通の呼びかけで開眼
3点 強く呼びかけると開眼
2点 痛み刺激で開眼
1点 痛み刺激でも開眼しない
最良言語反応(Best Verbal response)
5点 見当識が保たれている
4点 会話は成立するが見当識が混乱
3点 発語はみられるが会話は成立しない
2点 意味のない発音
1点 発語みられず
(挿管も含む)
最良運動反応(Best Motor response)
6点 命令に従って四肢を動かす
5点 痛み刺激に対して手で払いのける
4点 指への痛み刺激に対して四肢を引っ込める
3点 痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動(除皮質姿勢)
2点 痛みに対して緩徐な伸展運動(徐脳姿勢)
1点 運動みられず

GCSは、世界共通の意識レベルの表記方法です。『開眼,言語,運動』の3項目について評価して、合計点数を求めます。

 

まとめ

JCSやGCSは、ICUなどの救急の現場ではよく耳にする言葉です。呼吸療法認定士の状況把握問題にも、JCSで患者状態を表記されることがあるので、しっかり覚えておきましょう。