「呼吸療法総論」学習ポイント

1章の内容は、呼吸療法総論です。

  • 呼吸の歴史
  • 公衆衛生
  • 関連法規
  • 医療従事者の心得
  • 保険

などについて、簡潔に紹介されています。

呼吸療法総論は、理解するというよりも全て丸暗記が必要な項目です。試験での出題問題はそれほど多くないですが、応用問題などが作りようがないので覚えていたら必ず解けます。確実に点数を確保するために、試験までには学習しておきましょう。

出題傾向としては、全体からまんべんなく出題されます。まずは、過去問(呼吸療法総論―クイズ)などの内容を中心に覚えて、その後にテキストを繰り返し熟読しましょう。ただ、呼吸療法総論は他の分野とは関連性が低く、ここを覚えていなくても他の分野の理解に差支えはありません。

あまり早く学習していても、試験までに忘れてしまうので、試験直前に覚えたのでも良いでしょう。

まずは、「呼吸の解剖、呼吸生理、血液ガス」が呼吸療法の全ての基礎になるのでそこから始めるのが良いです。


コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!