フロー・ボリューム曲線とは?見方と疾患の診断について

フローボリュームの基本

フロー・ボリューム曲線とは

以前紹介した努力呼出曲線は、縦軸に気量、横軸に時間(秒)を表していました。それに対して、フローボリューム曲線では縦軸に気速、横軸に気量を表します。

気量とは、呼吸により流れた空気の合計の量を表します。

気速(L/秒)とは1秒間に流れた空気の量、すなわち流れる空気の速度を表します。

フローボリューム曲線とは、最大吸気位から最大努力で最大呼気位まで呼出した時の、気速と気量の関係を表したグラフです。

努力呼吸曲線により、1秒率と%肺活量を求めることにより閉塞性喚起障害と拘束性喚起障害とに分類することができました。フローボリューム曲線により気速の変化を見ることで、さらにCOPDや肺線維症など疾患名まで推測することができます。

 

フローボリューム曲線による喚起障害の判別

正常

フローボリューム曲線により疾患の判別をする前に、正常なグラフの形を知っておく必要があります。

フローボリュームの基本
①最大吸気位(せいいっぱい空気を吸った状態)②呼気途中(気速の上昇)
③呼気途中(気速の最高値)
④呼気途中(気速の低下)
➄最大呼気位(せいいっぱい空気を吐き切った状態)

上の図が正常なフローボリューム曲線です。曲線の開始は左下の①からです。はじめは、息を精一杯吸い込んだ状態です。気量0、気速も0です。

吸気の開始と共に、気量と気速が上昇します(②)。③は、グラフの頂点であり、気速が最高値になった状態です。そこから、気速が直線的に低下します。(④)呼気が終わると気速が0となります。(⑤)

気量が十分あり、④の波形が直線に低下するのが正常な肺のフローボリューム曲線特徴です。

閉塞性喚起障害と拘束性喚起障害でのフローボリューム曲線の特徴について紹介します。

疾患の推測

閉塞性

フローボリューム(閉塞性)

上の図が、拘束性喚起障害に見られるフローボリューム曲線です。閉塞性喚起障害というのは、末梢気道が閉塞することにより息が吐きずらくなる症状です。

末梢気道閉塞の代表疾患は、喘息、COPDなどがあります。COPDとは、慢性の呼吸不全で肺気腫と慢性気管支炎を合わせた疾患です。

軽度障害では、気量(肺活量)は低下しませんが、グラフが下降するときに下に凸になります。すなわち、呼気速度が落ちています。喫煙者や、高齢者でもこのようなグラフが見られます。

中度障害では、気量(肺活量)も低下してきます。グラフの下降するときは、下に凸になるのは同様です。

高度障害になると、気量が大幅に低下しています。グラフが下降するときは、下に凸になります。

拘束性

フローボリューム(拘束性)

上の図が、拘束性喚起障害に見られるフローボリューム曲線です。拘束性では、病態が進行するに伴い肺活量が低下するため気量が下がります。曲線の形は、正常者と変わりません。ただし、重症になるとグラフの形状も変化します。
拘束性喚起障害の代表としては、肺線維症などがあげられます。

上気道閉塞

フローボリューム上気道閉塞
上気道閉塞では、図のように台形のような形状のグラフとなります。

 

まとめ

それぞれの疾患によるフローボリューム曲線の特徴を理解することができたでしょうか?今回、紹介したフローボリューム曲線は、3学会合同呼吸療法認定士の試験問題にもよく出題されます。

波形を見ればどのような喚起障害であるか答えられるようにしっかり覚えておきましょう。

※関連記事もどうぞ!!
フローボリューム曲線による疾患の診断(応用編)

コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!