CATEGORY 生理学

生理学

肺のサーファクタント

サーファクタントというのは、肺胞に発生する表面張力を弱める物質です。 肺胞のような球形の物質には、表面張力という力が働きます。この力は、肺胞を縮める方向に力が働きます。 したがって、表面張力が強くなると肺が膨らみにくくな…

生理学

二酸化炭素の運搬

血液により、どのようにCO2が運ばれるのかを学びます。 血液中の二酸化炭素の状態 二酸化炭素は、血液中でどのように運ばれるのかを説明します。 まず、二酸化炭素は血液中では以下の3つの状態で存在します。 HCO3-(重炭酸…

生理学

酸素解離曲線とボーア効果

ヘモグロビンによる酸素運搬 酸素と結合したヘモグロビンは、血液の流れに乗って全身に流れます。全身に移動しながら、酸素を放出して各細胞に酸素を供給します。 ヘモグロビンは、Pao2が低いほど、酸素を放しやすくなる性質があり…

生理学

酸素運搬の因子

呼吸の目的は、酸素を体の抹消まで運搬することです。体でエネルギーを作り出すには、酸素を必要とするからです。 どのようにエネルギーを作るのかは、試験の範囲外ですが詳しく知りたい方は、「啓林館」のサイトにわかりやすくまとめら…

生理学

死腔と喚起効率

肺胞のガス交換に影響を与える因子としては、「PAO2、拡散、喚起血流比、シャント、死腔」があります。 今回は、「死腔」について紹介します。それでは、始めましょう! 死腔とは? 死腔とは、気道の中でガス交換に直接関与しない…

生理学

シャント

肺の喚起に影響を及ぼす因子は、『PAO2、拡散、喚起血流比、シャント』があります。 今回は、その中でシャントについて説明します。 シャントとは? シャント(shunt)というのは日本語訳で『短絡』という意味があります。 …