肺の解剖(気管・気管支)

気管支の解剖

気管の解剖はとても大切

3学会認定呼吸療法認定士の試験では、気管・気管支についての解剖の問題が毎年出題されます。毎年出題されるということは、人工呼吸器を勉強するうえで気管・気管支の解剖は大変重要だということです。

気管・気管支の解剖が重要な理由としては、人工呼吸器を使う場合、気管挿管することが多くあります。

挿管する場合は、挿管チューブを使います。挿管チューブを選択するうえで、気管の太さや長さを知っていないと、適切な道具を選択することができません。

これ以外にも、肺の解剖を知っていないと、呼吸疾患の患者の治療・看護をするうえで困ることがたくさんあります。

今回は、気管についての重要な解剖知識をまとめて紹介します。重要個所は、色付きで記載していますので、しっかり覚えてください。

 

気管・気管支の解剖の要点

・気管は第6頸椎下縁で始まり、第4-5胸椎の高さで左右の主気管支に分岐する。また、左と右で気管支の角度と長さが異なります。主気管支の延長線上からなす角度が右は25℃で短くて太い、左は45℃であり長くて細い。その為、誤飲などした異物は右気管支に入りやすい。

気管支の解剖

・成人の気管から気管分枝部までの長さは、10~12cm程度である。

・気管の前壁から側壁にかけて馬蹄形の気管軟骨が存在する。左・右主気管支から8~10分岐したところを、細気管支といい、内径が1㎜程となる。細気管支以降は、軟骨が存在しておらず平滑筋と弾性繊維よりなる。

・気管の内径は成人で約16mm,乳幼児で約10mm,新生児で約5mm
・気管の長さは、成人で10cm,乳幼児5cm,新生児4cm

・気管が、左右主気管支に別れて、そこから16回の分岐をして気道の終末である終末細気管支となる。(鼻・口から終末細気管支までを気道という)終末細気管支はさらに分枝して、呼吸細気管支となる。呼吸細気管支より肺胞が出現してガス交換が行われる。

新規ドキュメント 12_1呼吸療法認定士試験対策たしかめドリル 攻略2015P44より引用)

・肺胞は、Ⅰ型肺胞上皮細胞とⅡ型肺胞上皮細胞に覆われている。そして、Ⅱ型肺胞上皮細胞は、肺サーファクタントを分泌して肺胞内の界面張力を低下させて、肺胞が潰れるのを防いでいる。

 

(参考文献・引用)
[3学会合同呼吸療法認定士]認定講習会テキスト