気管支拡張薬であるβ刺激薬について(世代・作用時間)

薬
薬

β刺激薬とは

β刺激薬は、気管支を広げる、気管支拡張剤として使用されます。投与方法としては、吸入、経口摂取、注射、テープなどで投与されます。

作用機序については、β2アドレナリン受容体を活性化させて、気管支平滑筋を弛緩させます。気管支拡張剤は、『β2刺激薬、テオフィリン、抗コリン剤』の3つに分類されます。今回は、β2刺激薬について紹介します。

 

β刺激薬の世代別一覧

β刺激薬は、開発された時期により、世代が分けられます。数字が大きいほど新しくなります。呼吸療法認定士などの試験では、商品名でなく一般名称で出題されますので、一般名称を覚える必要があります。

また、作用時間についてもよく出題されますので、長時間作用する薬などは確実に覚えておきましょう。

世代 一般名 商品名 作用時間
1 アドレナリン ボスミン <1
1 エフェドリン エフェドリン 4
1 イソプロテレノール アスプール
メジヘライソ
プロタノール
<1
1 メタプロテレノール
(オルシプレナリン)
アロテック 4
2 サルブタノール ベネトリン
サルタノール
4~5
2 テルブタリン ブリカニール 4~6
3 プロカテロール メプチン 8~10
3 ツロブテロール ホクナリン
ベラチン
8
3 フェノテロール ベロテック 8
3 ピルブテロール エクシレール 7~8
3 ホルモテロール アトック
オーキシス
10
3 マブテロール ブロンコリン 8~10
3 クレンブテロール スピロペント 10~12
3 サルメテロール セレベント 12
3 インダカテロール オンブレス 24
3 ビランテロール 24
(第20回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト 表7-1主なβ刺激薬の種類 一部改変)

 

β2刺激薬の使い方と注意点

β2刺激薬は、上記のようにたくさんの薬剤が承認され販売されています。
第3世代の長時間作用型吸入β2刺激薬(LABA)は、COPD治療の第一選択薬として使用されたり、喘息治療ではステップ2以上の治療薬として使用されます。

これに対して、第1,2世代の短時間作用型β2刺激剤(SABA)は、軽症のCOPDや喘息発作の治療薬として使用されます。

β2刺激薬使用時の注意点として、必ず覚えておいてほしいことは、喘息患者に対する服用方法です。喘息患者に対して、β2刺激薬を単独で服用させると、心血管系の合併症の発症率が増加すると報告されています。

これを防ぐために喘息患者には、吸入ステロイドとβ2刺激薬を併用して使用する必要があります。

(参考文献)
第20回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト
攻略2015呼吸量認定士たしかめドリル

コチラも合わせてどうぞ

看護師の転職先を探すには⇒看護師が転職する理由!迷ったときはどうすればいいのか?
呼吸療法試験の勉強法⇒3学会呼吸療法認定士の勉強法を解説します!