肺胞気・動脈血酸素分圧較差(A-aDO2)とは

 

A-aDO2とは

A-aDO2は、呼吸療法認定士の試験によく出題されるのでしっかり理解する必要があります。それでは、早速説明しますね。

A-aDO2とかいて「エーエーディーオーツー」と読みます。日本語で、「肺胞気・動脈血酸素分圧較差」といいます。すなわち、肺胞器酸素分圧(PAO2)と動脈血酸素分圧(PaO2)の差のことです。A-aDO2を求めることにより肺胞でのガス交換が正常にできているかを判断することができます。

A-aDO2
『A』は、肺胞(Alveolus)
『a』は、動脈(artery)
『D』は、差(Difference)
『O2』は、そのまんま酸素を表します。

PAO2は、肺胞に含まれる酸素の量です。肺胞に含まれる酸素が肺胞の毛細血管をとおって、動脈血となります。

肺胞から、毛細血管に酸素が移動するときにさまざまな理由により、酸素分圧が低下します。その為、PAO2とPaCO2の関係は、PAO2>PaO2となります。

 

A-aDO2の求め方

A-aDO2をもとめるには、PAO2とPaO2の値を知る必要があります。PaO2は、動脈血を採取して血液ガス分析装置で測定します。それに対して、PAO2は肺胞に含まれる酸素分圧のため、直接測定することができません。

その為、PAO2は計算式によって理論値を求めることになります。
ちなみにPAO2の計算式は、以下になります。少々複雑ですが試験にも出題されるので確実に覚えてください。

PAO2=(760-47)×0.21-PaCO2/0.8 で求めます。

丸覚えでもいいのですが、式の意味を理解したほうが、応用問題にも対処することができます。式の意味についても簡単に説明します。めんどくさい人は、式の説明は飛ばしてください。

式の意味

『まず、760mmHgというのは大気圧をmmHgであらわした数字です。すなわち、1気圧=760mmHgです。そして760から47で引いている理由は、人間の気道内は37℃で湿度が100%の状態であると仮定されるためです。37℃で湿度100%では、47mmHgの水蒸気が含まれています。その為、大気圧の760から47を引いた713mmHgの空気しか、気道内に入ることができません。さらに、0.21でかけているのは、吸い込んだ空気のうち酸素は、21%含まれているからです。そして、肺胞の中には、二酸化炭素も入っているので、二酸化炭素が入っている場所には、酸素が入れません。その為、PaCO2の分を引いています。PaCO2が0.8で割られているのは、呼吸商といって、人間の体は酸素の消費量より二酸化炭素の排出量が多いことを反映しています。それを加味して0.8で割っています。』

PAO2をもとめることができれば、PAO2からPaO2を引くことにより、A-aDO2を求めることができます。A-aDO2を求める問題は、呼吸療法認定士の試験によく出題されるのでしっかり覚えましょう。

 

A-aDO2の正常値

室内の吸入でのA-aDO2の正常値は、5~15mmHgです。20mmHgを超えると肺胞でのガス交換障害があると判断します。酸素吸入化では、A-aDO2は増大するので、酸素吸入をしていない時に、測定する必要があります。

肺胞でのガス交換障害(肺胞の拡散障害)になる原因としては、「喚起血流比不均等・拡散障害・右左シャント」です。

 

拡散障害の原因

拡散障害とは、肺胞から血管に酸素がスムーズに移動していないということです。次の3つの原因があります。

①喚起血流比不均等

喚起血流比不均等とは、一つの肺胞に対してたくさんの血液が流れているときです。血液がたくさん流れても、一つの肺胞で酸素化できる血流にも限界があります。

②拡散障害

拡散障害とは、肺胞の毛細血管が太くなったり、肺胞に水が溜まったり、肺胞の壁が分厚くなるなど、様々な原因で肺胞から血管に酸素が移動できない状態です。

③肺胞シャント

肺胞シャントとは、肺動脈の血液のうち、肺胞にせっすることなく肺静脈として戻ってくる場合です。健常人においても、いくらかは、シャントは存在します。